黒田彰『中世説話の文学史的環境』

学部生の頃、伊藤正義氏の「中世日本紀の輪郭―太平記における卜部兼員説をめぐって―」(『文学』40・10、昭和47年10月)に触れ、その稲光りの彼方に、軍記と説話とが融然一体となった、と言うより従来のジャンル枠を越えてしまっている、あるべき中世文学研究の姿を垣間見、戦慄に近い驚きが体を走ったのは、果して私一人の体験であっただろうか。そこに提示されていたのは、文学史的底流としての秘伝、注釈の類であると同時に、全く思いも懸けぬ深さを伴う太平記の読みであり、軍記、説話の成立基盤を鮮やかに照射して、これまでの方法に鋭い反省を迫りつつ、以後の研究との間に画された明らかな一線、未知の地平と言うべきものであった。当論文に接してから、中世の諸作品の一文、一語の背景に、未解明の問題が、山積していることを知るようになる。そして、私の研究の方向は、不遜ではあるが、その時点で既にもう決まってしまっていたと思う。 当論文の衝撃は、未だ若い私にとって、それ程強烈だったのである。

(出典: 黒田彰 (1987年) 「あとがき」, 『中世説話の文学史的環境 (研究叢書 ; 52)』, 和泉書院, 457ページ.)

(本を読んでいて、上記の一文に出会い、そこになにか感じるものがあったので、シェアさせていただきました。)

国立国会図書館オンライン
中世説話の文学史的環境(研究叢書 ; 52)|書誌詳細|国立国会図書館オンライン
https://ndlonline.ndl.go.jp/#!/detail/R300000001-I000001894333-00

--

--

凡そ学的研究の方法として、実地の調査の忽諸に附すべからざるはいふを俟たぬ。今神社の方面に就いて考へても、文献に並び之を尊重しなければならないのは、論のないところであろう。

(出典: 宮地直一(序文) 「序」, 井上頼寿(著者), (1988年), 『京都古習志』, 臨川書店.)

京都古習志|書誌詳細|国立国会図書館オンライン
https://ndlonline.ndl.go.jp/#!/detail/R300000001-I000001944013-00

京都古習志 | 頼寿, 井上 |本 | 通販 | Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/465301759X/

商品の説明
出版社からのコメント

京都府下、山城の村々における神社祭祀を、昭和初期、十数年にわたる綿密な聞きとり調査によって、克明に記述した民族志の名著。祭祀組織「宮座」、そしてそこから派生した信仰組織、いわゆる「講」(伊勢講・祇園講・天神講・春日講など多数)を極めて丹念に記述する貴重な民俗資料。

--

--

音声に驚かない獅子のように、網にとらえられない風のように、水に汚されない蓮(はす)のように、犀の角のようにただ独り歩め。

(出典: 中村元(翻訳) (1984年), 「三、犀の角」, 「第一 蛇の章」, 『ブッダのことば : スッタニパータ 改訳 (岩波文庫)』, 岩波書店, 17~22ページ.)

肩がしっかりと発育し蓮華のようにみごとな巨大な象は、その群(むれ)を離れて、欲するがままに森の中を遊歩する。そのように、犀の角のようにただ独り歩め。

(出典: 中村元(翻訳) (1984年), 「三、犀の角」, 「第一 蛇の章」, 『ブッダのことば : スッタニパータ 改訳 (岩波文庫)』, 岩波書店, 17~22ページ.)

「犀の角のようにただ独り歩め」 https://wisdommingle.com/khaggavisana/

https://wisdommingle.com/khaggavisana/

--

--

Yukinobu Kurata

Yukinobu Kurata

It is probably a good society that many people live with their eyes shining. たくさんの人が、目を輝かせて生きている社会は、きっと、いい社会なのだろうとおもいます。https://yukinobukurata.bio.link/